クラウドファンディングでできる不動産投資 | TATERU FUNDING(タテルファンディング)の不動産投資ガイド

HOME » 不動産投資ガイド » クラウドファンディングでできる不動産投資

クラウドファンディングでできる不動産投資

投資ができるサービスはいくつもありますが、TATERU FUNDINGを選ぶとクラウドファンディングによる不動産投資ができます。
これはどのような投資になるのでしょうか?

まずクラウドファンディングになるため、自分一人で投資に必要な金額を賄う必要がありません。
不特定多数のインターネットユーザーに向けての案件となり、TATERU FUNDINGで利用登録ができる方なら誰でも参加可能です。
最小投資額も1万円からと金額が低いため参加も簡単です。

多くのユーザーが自分が出せるだけのお金を出すことで、最終的に不動産の運用に必要な金額を確保するのがクラウドファンディング型の不動産投資になります。
不特定多数のユーザーに向けての案件でない場合、一人が最低でも数十万円といった金額を出さないといけないなど、ややハードルが高くなりがちです。
クラウドファンディング型ならそのようなこともないため、一般個人でも参加しやすい不動産投資案件になりますよ。

その代わり、TATERU FUNDINGの不動産投資案件は不特定多数のユーザーに向けて解放されているようなものですから、いい条件の案件ほど早く埋まることにもなります。
条件のいい投資案件は多くの方が探していますから、そのような案件が見つかると一斉に投資が集まるため、気づいたらもう予定金額が集まって募集終了となることもあるのです。
これは不特定多数のユーザーに開かれているクラウドファンディング型の案件だからこその特徴ですね。

このような投資案件は、最近ではソーシャルレンディングでもできます。
ソーシャルレンディングもクラウドファンディングのように、不特定多数のユーザーに向けて投資案件が公開されており、一般個人が小口から投資に参加できます。
不動産案件を扱うソーシャルレンディングもありますが、クラウドファンディング型とは何か違うのでしょうか?

ソーシャルレンディングの場合は集めたお金をそのサービスがまた別の事業者に貸し出しています。
具体的にどこの業者に貸し出しているのかは投資家にはわかりません。
これに対してクラウドファンディング型の投資になるTATERU FUNDINGでは、集めたお金を第三者の事業者に貸し付けているのではなく、この運営会社が直接活用しているのです。
TATERU FUNDINGを活用した個人投資家と、このサービスの運営会社は共同出資という形で不動産運営を行います。
その関係で運用する不動産の詳細について、かなり具体的に情報開示がされます。
クラウドファインディング型の不動産投資になるTATERU FUNDINGでは、このような投資ができるのです。