TATERU FUNDINGの収益性はどれくらい? | TATERU FUNDING(タテルファンディング)の不動産投資ガイド

HOME » 不動産投資ガイド » TATERU FUNDINGの収益性はどれくらい?

TATERU FUNDINGの収益性はどれくらい?

投資をする目的は基本的に収益ですから、その投資でどれだけのリターンがあるのかは大事ですよね。
TATERU FUNDINGの収益性はどれくらいになるのでしょうか?
個人でも参加できるこれら投資案件で実際に投資するときには、利回りをチェックするのが基本です。

TATERU FUNDINGではどれくらいの利回りが期待できるのかというと、案件によっても変わるものの、4%台の案件がよく見つかります。
これくらいの利回りがTATERU FUNDINGの標準だと思っておくといいでしょう。
これは収益性としてはどうなのか、投資に慣れていないとよくわかりませんよね。
4%台という利回りは投資案件の中ではやや低い方ですが、一般的な感覚でいえば悪くはない条件となります。
ハイリスクハイリターンな案件で一山当てたいといった方でなければ、TATERU FUNDINGの収益性は十分となるでしょう。

気になるのは投資案件の中ではやや低い方だという評価かもしれません。
TATERU FUNDINGよりもっといい収益性の案件がほかにあるのは事実です。
たとえば最近注目を集めているソーシャルレンディングの場合、予定されている利回りが10%近くになる案件がたくさん見つかるサイトもあります。
この条件はTATERU FUNDINGの利回りの約2倍近くになるわけです。
投資が成功して予定通りに配当が支払われるなら、同じお金を投じているのに2倍近いリターンを受け取れるのですね。
収益性の高さを第一にするなら、こちらの方が有利かもしれません。

ただし、利回りの高い案件はリスクも高いのが一般的です。
投資がうまくいかず、元本割れするリスクも他の案件より高くなります。
つまりこちらはハイリスクハイリターンの案件となるのです。
それでもいいから収益性の高い案件に投資したい方には、こちらがおすすめとなるでしょう。

それに比べてTATERU FUNDINGはやや利回りが低く、収益性も他の投資案件より低くなりがちです。
ただしその代わりに、リスクはそこまで高くない案件ということにもなります。
また、利回り4%台という条件は、条件のいい他の投資案件に比べると少し物足りなく思うかもしれませんが、個人が気軽に参加できる投資案件の条件としては悪くありません。

誰でもできる投資は余っているお金を銀行に預けることです。
タンス預金には1円も利息がつきませんが、銀行に預けておけば何もしなくても利息がついてお金が増えます。
しかし現在の利息は非常に低くなっており、0.1%にも届かない金利も珍しくありませんよね。
それに比べるとTATERU FUNDINGの4%台という利回りは決して悪くはない条件です。
一般的に見て十分な収益性はありますから、いい投資先を探しているならTATERU FUNDINGも候補として考えてみるといいでしょう。