TATERU FUNDING(タテルファンディング)の特徴 | TATERU FUNDING(タテルファンディング)の不動産投資ガイド

HOME » 不動産投資ガイド » TATERU FUNDING(タテルファンディング)の特徴

TATERU FUNDING(タテルファンディング)の特徴

TATERU FUNDING(タテルファンディング)の特徴ですが、まずは少額投資が可能なこと。
どれくらい少額かというと、最小で1万円の投資からスタートできるくらいです。
似たようなサービスでも小口投資が可能とはよく言われますが、1万円からスタートできるサービスばかりではありません。
2〜3万円からスタートとなるサービスもよくあります。

それでも十分な小口投資にはなりますが、本当に1万円から投資したい方には利用しづらいですよね。
TATERU FUNDING(タテルファンディング)は本当に1万円からでも投資できるサービスになっていますから、小口投資希望者には特に使いやすいサービスです。
これはこのサービスの特徴ですね。

次にTATERU FUNDING(タテルファンディング)は中途解約が可能です。
これら投資は期間が決まっており、その間は自分が投じたお金を相手に預けておく形となります。
その期間が過ぎたら投じたお金や配当の残りをすべて清算される形となるのが一般的です。
中途解約とはこの期間が終わる前に投資を終了し、投じたお金を返してもらうこと。
中途解約はできるのかというと、一般的にはできないことが多いです。
つまり多くの場合で一度投資をスタートしたらそのお金はもう自分の意思では動かせなくなるのです。
そのため運用期間と投じる費用は事前によく計画し、あとで困らないようにしないといけません。

これがTATERU FUNDING(タテルファンディング)の場合は中途解約OKとなります。
投資をスタートしたあとでそれをキャンセルしたくなったら、随時キャンセルできます。
中途解約するとそれ以降に受け取れるはずだった配当はもう受け取れなくなりますが、それでもよければ投資したお金をすぐに返してもらえるのです。
このような柔軟性はTATERU FUNDING(タテルファンディング)の特徴になっています。

次にTATERU FUNDING(タテルファンディング)では、投資する案件の詳細が具体的にわかります。
これも大きな特徴です。
TATERU FUNDING(タテルファンディング)と似たサービスにソーシャルレンディングがありますが、そちらの場合は投資する案件の詳細が具体的にはわかりません。
もちろん投資できる金額や期間、予定利回りなど投資判断に必要な条件は具体的にわかりますが、投資したお金がどこの誰に流れ、そのお金は具体的に何に使われるのかはわからないのです。

これがTATERU FUNDING(タテルファンディング)の場合は案件の詳細がわかります。
こちらで紹介されているのは基本的に不動産案件ですが、どこにある何という不動産への投資案件なのかといったことまでわかります。
具体的な住所等もわかるため、それら詳細をふまえて投資の判断ができるのです。
これらがTATERU FUNDING(タテルファンディング)の特徴になります。